鼻から胃カメラ?

当院では、胃カメラを最新の超細径胃内視鏡を用いて行なっています

経鼻胃内視鏡検査について

胃カメラの比較

  1. 従来の胃カメラに比べ苦痛がほとんど無くなりました。
  2. 苦痛が少ないため、危険な全身麻酔の必要がありません。
  3. 鼻から挿入するため、検査中も会話が可能です。
  4. 細い胃カメラでも、技術の進歩により十分な胃の観察が可能になりました。

なぜ鼻からが楽なのか?

胃カメラの太さの比較

  1. 従来の胃カメラに比べ、太さが約半分です。
  2. 従来の胃カメラでは口から挿入するため、喉の後壁に強く当たることで飲み込むために苦痛が大きくなっていました。鼻から細い胃カメラを挿入すれば、ほとんど喉に当たることはありません。
  3. 従来の胃カメラは口を開けたまま太いカメラを飲みこむ必要があり大変でしたが、鼻からの胃カメラなら、口を閉じていますのでスムーズに飲みこめます。